Serve One Another

天網恢恢疎而不漏

金銭追求活動について

今日,同年代の友人2人と,新橋で飲んできた。案外いい店だった。

その中で,消費活動や所得に関する話をしたのだが,全体的な印象として,

 私の最近の考え方は,標準からほど遠いところにあるのか

 という意外さに満ちていて,色々と申し訳なくなってきた。

 

私が所属しているプレカリアートユニオンは,寡欲なところである。何かの祝賀行事でなければ,組織的に居酒屋に行くことはないし,飲酒をする場合も,多くはカクヤスで買って事務所内で飲む。非常に安い*1

それに慣らされてしまったのだろうか。鳥商社時代で一番贅沢をしたときは,共同創業者の池田君の勧めもあって,海南航空の飛行機の12時間遅延に疲れ果ててむしゃくしゃしたので,

インターコンチANAホテルのバーで1,500円のカクテルを2杯飲んだうえに宿泊した*2が,それ以上のことはなかったと記憶している。

それ以外は,もっぱら,ガストやバーミヤンに行くか,またはウエルシアで買った赤ワインを飲んでいた。今日話柄にのぼったような贅沢なんて,私にとっては,おカネがあってもなくても,縁遠いものなのである。

 

しかし,私は日頃,プレカリアートユニオンの活動として,金銭を目的に労働基準法に違反するブラック企業を批判している。これは,例のクララオンラインや,クリエイトエス・ディーなど,色々なものを挙げることができるのだが,

たとえば,このような演説をする*3

家本賢太郎社長のクララオンラインは,なぜ,金銭を獲得するために,タイムカードを捏造したのでしょうか。

家本賢太郎社長,私は,あなたの,5分の1未満の家賃のアパートに住んでおります。しかし,堂々とたたかい,今日もここに来ております。

なぜ,あなたは,法律をまもって,まっとうな生き方をすることよりも,目先の金銭,おカネを必要とするのでしょう。

10ヶ月もの間一緒に働きましたが,ついにわかりませんでした。私は,金銭を獲得できることよりも,道徳的であることを選びます。

家本賢太郎社長,ぜひ,ここに来て,答えて下さい。なぜあなたは,金銭を目的として,労働基準法に違反したのですか。あなたにとって,経営は金銭なのですか。

内閣府男女共同参画会議,議員の家本賢太郎社長。社会と金銭,どっちが好きなのですか。

私は,きわめて真剣に,右の演説をしている。基本的に,「個人的な金銭獲得を目的に,公共的規範である労働基準法に違反した」という点に力点を置いている。

 

私とて会社を立ち上げたことはあるのだが,既に述べたように,金銭の使い方はよくわかっていない若造なので,会社とは言っても,金銭獲得を目的にやっているつもりはなかった。発見を形にしていくプロセスと,多少の自由があることが楽しかった。

個人的には,この立場に一番共感する。

 

hg26.blogspot.com

f:id:nyaku37:20180822000809p:plain

人生を快適なものにするすべてのもの――それを運命はゆたかに彼に与えたが――を誇ることもなく、同時に弁解がましくもなく利用し、そういうものがある時にはなんら技巧を弄することもなくたのしみ、無い時には、別に欲しいとも思わなかったこと

 

で書いたように,リーマン後,私は,妹が2人いるのに世帯年収200万円の生活をしたことがあるから,ないときにはべつにほしいと思わず,欲求の側を調節して生きていけるのである。これが当然だと思っていた。

 

ところが,今日友人と話して,私やプレカリアートユニオンが日頃批判している,家本賢太郎氏や廣瀬泰三氏の金銭獲得活動を,むしろ理解すべきなのではないかと思ってしまったのである。

私の父などは,私よりも,金銭獲得が好きである。もっともその金銭を,私やふたりの妹に,ほとんど投入してしまうのであるが。父だけでなく,昔の男たちは概して,今の私たちよりも強欲で,欲求を満たすことに目がなかったという。

 

かつて当家がそうであったように,おカネに余裕があると子供も多いから,5人も子供がいる*4家本賢太郎が,私の父以上に,おおくの金銭を獲得したい,単に育てばいいのでなくて,全員を医学部にやりたいという位の気持ちになることや,ヘリコプターに搭乗し,高級マンションに住みたくなるような気持ちが,少しだけ理解できた。

だってみんなそうなのだもの。

 

みんな金銭を獲得したいし,獲得するためならば,バレない範囲でスピード違反をしている。みんなと同じ違反をしただけなのに,ウチにだけプレカリアートユニオンの街宣が来るのはおかしい。

うーん……そうなのだろうか。でも,私が金銭を志向する側であれば,そう思うに違いない。理解の余地はある。

 

この点はしつこいほど強調したいのだが,私は,公益を目的に生きてきた人物ではない。反公益的なことを避けたいという気持ちと,自らの価値観に反することはしたくないという気持ちの衝突の中で,いつも隘路を進んできただけの,優柔不断の士である。

しかし,労働組合の活動は,演説を含めて,公益を知る庶民たちの心に訴えかけるためにするものだ。社長がエラいからとか,*5弁護士屋を沢山傭うことができたから正しいという,金銭力による良識の破壊を,許さないために行うものだ。

そうした中,私や組合の考えがむしろ社会のそれから離れていて,多くの人は,なるべく手段を選ばずに,金銭追求活動をもっと盛んにやりたいところ,それに運良く成功したブラック企業の社長を,金銭追求活動のために手段を選ばないからという理由で非難しているのであれば,どうしよう,と考えた。

金銭追求活動を志向する彼らがあたりまえであって,金銭追求活動を抑制し批判する労働組合が,むしろ反社会的なのだろうか。んんん???

 

帰りの銀座線で,最後のひとりになるまで居座り,降車客ひとりひとりの顔を,まじまじと見つめた。あの人もこの人も,金銭を強く要求しているのだろうか*6

よのなか,広い。長さ20メートルの銀座線の車輌1両の中にさえ,どんな思念が詰まっているかわからない。

*1:ユニオン運動センター内の組合が全部こんな感じ,という意味ではない

*2:ひとり頭13,500円

*3:曖昧に思い出して書いているものなので,家本賢太郎氏の弁護士屋さんは,時間の無駄であるから録音データと照合しない方がいいと思う。でも,照合作業をやってタイムチャージを請求すれば,これまた金銭獲得の大チャンスである

*4:私が暴露しているのではなく,家本賢太郎みずから,ブログのプロフィール欄にそう書いている

*5:高いメシばかり食べてプニプニした……弁護士というのは全般に,会うたびに,デーン!!とばかりぜい肉を見せつけられるので,不愉快である。弁護士屋と接点のない生活がしたい

*6:何に使うんだろう……